「日本の文化の新しい顔に」KADOKAWAのマンガ・ラノベ図書館がリニューアルオープン!最大5万冊を収蔵可能な唯一無二の図書館に

1: まんがとあにめ 21/07/09(金)11:02:31 ID:???

no title

ところざわサクラタウン・角川武蔵野ミュージアム内にある「マンガ・ラノベ図書館」が、2021年7月8日(木)にリニューアルしました。

2020年8月に開館して以来、KADOKAWAが出版するほぼすべてのライトノベルやセレクトされたコミック、児童書を約2万5千冊収蔵
していた同図書館。
改装を行い、KADOKAWA以外の出版社の協力を得て、このたび収蔵数を約3万5千冊に増やしてのオープンとなります。本稿では、その
船出を祝うべく行われた記念セレモニーの模様をレポートしていきます。

(以下略)

電ホビ 7月8日
https://hobby.dengeki.com/event/1297773/


3: まんがとあにめ 21/07/09(金)11:50:34

自慢やないけど、“ラノベ”たら言うジャンルは殆んど、読んだことがない。
小説投稿サイトで投稿された長編を06年頃に一回、読んだのが唯一か。その時も最初は、それがいわゆる、ラノベに相当する作品だとは気がつかんかった。これからも多分、読まんやろなあ。


4: まんがとあにめ 21/07/09(金)12:11:47

ラノベってどこからなの
菊地秀行や夢枕獏もはいるの?


6: まんがとあにめ 21/07/09(金)12:31:41

>>4
戦前の少年向け作品も入ると思うよw
「少年探偵団」とか「敵中横断三百里」とかw


7: まんがとあにめ 21/07/09(金)12:41:36

ラノベアニメも増えてヒット作も出てる時代に恥ずかしいとか言ってるのは
10年以上前のオタク叩きの時代に感覚が取り残されているのでは


8: まんがとあにめ 21/07/09(金)12:47:31

ジュブナイルとかと被るんかな?


9: まんがとあにめ 21/07/09(金)14:46:36

一人称で進めてくのがラノベだと思ってるから
吾輩は猫であるはラノベ


14: まんがとあにめ 21/07/09(金)18:19:09

>>9
日本は、娯楽小説に寛容だが欧米あたりは、聖書だけ読んでりゃいいという考え方みたい。


15: まんがとあにめ 21/07/09(金)19:33:39

>>14
聖書は非常にエンターテイメント性の高い書籍だと思いまあす


16: まんがとあにめ 21/07/09(金)19:46:06

>>15

アニメの「風の少女エミリー」で見たのだが主人公エミリーが物語を作りたいというと叔母さんにだめと言われていた。


10: まんがとあにめ 21/07/09(金)14:48:19

同じ内容のテンプレラノベばかり揃いそうw


11: まんがとあにめ 21/07/09(金)15:16:23

なろうで、充分だろ。ほかにもネットの小説サイトはいっぱいあるだろ。


12: まんがとあにめ 21/07/09(金)17:56:00

まあ、文章を読むだけならなろうでもいいんだけど
ラノベ客の目当てはイラストも少なくないからね
好きな絵師さんの絵だからという理由で読むうちに読み漁るようになるパターンも

ラノベとはいえ編集・校正が入って売れる要素のある絵師でデコレーションされるので
なろうに比べて読みやすくなっている


13: まんがとあにめ 21/07/09(金)18:16:10

「ガイコツ書店員の本田さん」も収録済みか?
アニメで見たけどこの話は、面白い。


18: まんがとあにめ 21/07/09(金)19:50:44

スレイヤーズはラノベ?


19: まんがとあにめ 21/07/09(金)20:33:39

日本じゃ聖書のアニメ化までやってたのに。
トンデラハウスの大冒険とか。


20: まんがとあにめ 21/07/09(金)21:38:39

5万冊とは、これまた少ないな。


22: まんがとあにめ 21/07/09(金)22:22:57

自分は古い人間で読書は好きなほうだったので、日本では漱石、安岡章太郎、吉行淳之介、松本清張など好んで読んだ。
清張の文庫本はほぼ読んだ。
外国ではシェークスピア、ヘルマン・ヘッセなどはよく読んだ。
ラノベはライトノベル(軽い小説の意)のことなので、少し低いと言う先入観があり一度も読んだことはなかった。

ところが京アニ事件がありそこで初めて涼宮ハルヒを知りYoutubeでアニメを見た。
そのついでに、「ようこそ実力至上主義の教室へ」と言うアニメがあったので見てしまった。
続きが知りたかったので生まれて初めて所謂ラノベというものを買って読んだが実に面白かった。
ラノベ恐るべしというのが率直な感想だ。
文藝春秋も購読しているので、年2回芥川賞作品が掲載されるので
我慢して読んでいるが、面白いのは少ない。
「ようこそ実力至上主義の教室へ」はKADOKAWAだが言葉の間違いとかたまにはあるが愛嬌ということで。
荒唐無稽な話だが構想力は素晴らしい。
若い人に人気があるのもうなずける。


23: まんがとあにめ 21/07/09(金)22:30:42

なにかと思えば、紙の本の図書館かいな
ここのところ、本といえば電子書籍ばかり見とったせいで
てっきりネット上の話かと勘違いした


24: まんがとあにめ 21/07/09(金)22:33:36

アニメ化をきっかけに原作を買った作品というと
「十二国記」「屍鬼」「ふたつのスピカ」「プラネテス」「図書館戦争」「がっこうぐらし!」だな。
女子向けレーベルでも平気で買うオッサンです。


27: まんがとあにめ 21/07/09(金)23:27:36

>>24
マリア様がみてる も買うといいよ
ほっこりするから


25: まんがとあにめ 21/07/09(金)22:37:49

最近、大手書店でもノベルズ棚は無くなって新書サイズのラノベ棚になってるね
新書棚と文庫棚はかろうじてあっても、これでもかと並んでた「〇〇ノベルズ」はキレイさっぱり消えた

正直、大人向けみたいな顔して並んでたノベルズも、今となってはラノベと変わらないレベルだったなと思う


28: まんがとあにめ 21/07/09(金)23:31:31

いくらほっこりしても原作全37巻だぞ・・・


30: まんがとあにめ 21/07/10(土)08:26:46

ガラスの仮面と彼岸島はいつ終わるのでしょうか



元スレ:【漫画】「日本の文化の新しい顔に」KADOKAWAのマンガ・ラノベ図書館がリニューアルオープン!最大5万冊を収蔵可能な唯一無二の図書館に

この記事へのコメント

最近のコメント