“皆殺し”でなかった富野監督『ザブングル』の演出。「はっはっは、アニメだからね!」

1: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 10:09:55.71 _USER

no title

マグミクス6/12
https://magmix.jp/post/55898

「皆殺しの富野」
人気アニメ監督・富野由悠季氏に名付けられた異名です。『無敵超人ザンボット3』『機動戦士ガンダム』(テレビ朝日系)や『伝説巨神イデオン』(テレビ東京系)など、富野監督の代表作はメインキャラクターたちが次々と死んでいくことから、富野監督はそう呼ばれるようになりました。

人気キャラクターたちの壮絶な死は視聴者に衝撃を与えましたが、戦場の非情さをリアルに追求した富野作品は、TVアニメを大人も鑑賞できる深みのあるものへと押し上げていきました。

1972年にTV放映された監督デビュー作『海のトリトン』(TBS系)から、本名の「富野喜幸」として監督名がクレジットされてきましたが、『機動戦士ガンダム』劇場版三部作(1981年~1982年)の大ヒットを経て、1982年2月から放映スタートした『戦闘メカ ザブングル』(テレビ朝日系)では「富野由悠季」と表記が変わります。アニメ職人・富野喜幸から、アニメ作家・富野由悠季へと変身を遂げたと言えるのではないでしょうか。

前作『イデオン』でシリアスさを極めた富野作品ですが、『ザブングル』は雰囲気がガラッと変わりました。全50話がTV放映された『ザブングル』は、富野監督が思い切った編集を施した『ザブングルグラフティ』(1983年)として劇場公開されています。2021年6月13日(日)の夜7時からBS12で放映される、『ザブングルグラフティ』の見どころを紹介します。

『未来少年コナン』を思わせる、陽気なコメディ
丸っこい顔で、行動力旺盛なジロン・アモス(CV:大滝進矢)は、およそSFアニメの主人公らしからぬ非イケメン系のキャラクターです。舞台となるのは「惑星ゾラ」と呼ばれている地球。どんな悪事を働いても、3日過ぎれば免罪になるという、西部劇のような荒々しい世界を生き抜くタフな少年です。

両親をころされたジロンは、3日間以上経っても敵討ちを果たそうとします。盗賊団を率いる少女ラグ・ウラロ(CV:島津冴子)たちと手を組み、最新のウォーカーマシン「ザブングル」を盗み出すことを試みます。超わがままなお嬢さま、エルチ・カーゴ(CV:横尾まり)との出逢いも待っています。

ジロンの復讐心が物語を動かしていきますが、やがて闘いは惑星ゾラを支配する富裕層「イノセント」と支配される庶民階級「シビリアン」の階級闘争へと発展。物語設定はなかなかハードな一方、宮崎駿監督の人気TVアニメ『未来少年コナン』(NHK総合)を思わせる、陽気なアクションコメディとして演出されていました。エルチやラグたち女性キャラクターが、生き生きとしていたのも印象的です。

キャラクターデザインは、『イデオン』でも富野監督とタッグを組んだ湖川友謙氏。メカデザインは『ガンダム』でおなじみの大河原邦男氏に加え、オリジナルビデオアニメ『機動警察パトレイバー』(1988年~1989年)で注目を集めることになる出渕裕氏も参加していました。

人気作曲家・馬飼野康二氏によるテーマ曲「疾風ザブングル」が、今も耳に焼き付いている人も多いのではないでしょうか。従来のロボットアニメのパターンを払拭する前向きな意欲が、作品全体から感じられます。

Vシリーズとは異なるサプライズ演出も
作中で活躍したウォーカーマシン「ザブングル」。画像は「HI-METAL Rザブングル 塗装済み可動フィギュア」(BANDAI SPIRITS)

劇場公開された『ザブングルグラフティ』は高橋良輔監督の『ドキュメント 太陽の牙ダグラム』(1983年)と同時併映だったことから、上映時間はわずか84分でした。

全50話あるストーリーを84分にまとめるのは、富野監督の手腕でもさすがに無理。それゆえに『ザブングルグラフティ』は、TVシリーズの名場面・珍場面を中心にした構成となっています。高校野球延長のために関西ではオンエアされなかった第27話の登場キャラクターに、「幻のトロン・ミラン(関西地区で…)」とテロップでツッコミを入れるなど、富野監督が開き直って編集作業を楽しんでいる様子が伝わってきます。

また、劇場版のラストシーンは、TVシリーズの最終回にはなかったサプライズ演出も用意されていました。「皆殺しの富野」とは異なる明るい顔を、富野監督は『ザブングルグラフティ』では見せています。

過酷な世界で陽気に生きる主人公
富野監督は1941年生まれ、4歳の時に終戦を迎えました。学生運動が盛んだった1960年代に日大芸術学部を卒業し、黎明期にあったTVアニメ界でサバイバルしてきました。アニメーターではなく演出家である富野監督は、スピード勝負でコンテを切り続け、野心的なアニメ作品を残していくことになります。毎週毎週締め切りに追われるTVアニメ界にありながら、第一線で活躍し続けるのは並大抵の苦労ではなかった(以下リンク先で)


35: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:38:41.62

>>1
トミノ倒しと言った人もあった


64: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 18:18:59.18

>>1
アイアンギアーは変形の時
なんか土とか石とかが挟まりそう


65: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 18:20:08.26

>>64
ザブングル挟んでたよな


3: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:02:20.40

映画館に観に行った
同時上映ダグラムだったっけ?


25: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 13:34:52.25

>>3
同時公開はドキュメントダグラムとチョロQダグラム


31: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:22:57.88

>>3
オレも行ったなぁ。あの頃はよく徹夜で並んだな。


4: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:04:45.17

ステアリングで動かす前代未聞のロボット。
作中で主人公メカが変わる初作品。
でも乗り換えたマシンの方が地味なんだよな~


9: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:30:32.17

>>4
ステアリングなら、ボスボロットという先駆者がいるぞ。


29: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:18:34.68

>>4
ジャンボーグAも途中からジャンボーグナインに主役ロボがかわってたような 特撮だけどね


36: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:39:51.08

>>4
おもちゃやの都合だよね


6: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:18:16.95

1話最後にもう一台主人公メカが出てきたしな。
キャラたちもパターン破りとか劇中で言ってなかったっけ


7: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:21:31.55

死んではいないが失明してたろ


15: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 12:16:16.70

>>7
この映画版では死んだフリをしてたアーサー・ランクが
「イノセントの技術で治してあげよう」と最後にエルチをかっさらう


26: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 13:57:44.41

>>7
あれは主人公に敵対したことに対する罰だろう。


10: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:32:20.96

ザブングル、Zガンダム、エルガイム、ダンバイン
このあたりは放送順どうだったかな
ZZ見た覚えがないからZZ放送時が今おっさんの俺が
中学入ったあたりの筈だが流石に覚えてねぇ


11: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:44:07.47

>>10
ザブングル:82年
ダンバイン:83年
エルガイム:84年
Zガンダム:85年
ザブングル放送開始時はまだイデオン劇場版の最後の追い込みの時期だったので湖川氏率いるビーボォーが本格参加したのは第3クールに入ってから


13: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:53:53.45

ザブングルを最後に脚本の鈴木良武氏は富野氏ではなく高橋良輔氏と組むわけだが結果としてボトムズやガリアン、レイズナーといった名作を残したわけだしその方が良かったのかもね


14: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 11:54:10.70

主人公のロボットが一点モノじゃないってのが新鮮だったな。
冷静に考えれば工業生産物なんだから複数あって当たり前なんだな。


16: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 12:30:21.02

皆殺しの真骨頂はダンバインのような気がするが
ガンダム作品だとVガンダム


17: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 12:32:39.63

活劇作品であんだけ美形度の低い主人公も珍しい


18: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 12:43:20.97

ダンバインはOVAで生まれ変わりとして復活してるけど
何故かマーベルの生まれ変わりがいない


19: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 12:43:44.93

>惑星ゾラを支配する富裕層「イノセント」と
>支配される庶民階級「シビリアン」の階級闘争へと発展

階級闘争…と言うか、旧人類のイノセントが
新人類のシビリアンを生み出す物語だと思うよ

だから、ジロンの「仇討ち」とか、エルチの「ミュージカル」とか
人間性や文化が、旧人類に追いついたので
汚染された地球で生きていけなくなった旧人類「イノセント」が
ジロン達新人類に地球を明け渡す、ってストーリー

漫画版のナウシカなんかとちょっと似てる(ニューマンワールド


20: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 12:47:23.42

ザブングルはED曲が神だな


27: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:04:54.15

>>20
走るエンディングはザブングルからだっけ。前作のダイオージャではなかったし。


21: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 12:50:04.50

青いマシンが主人公の乗るザブングルなんだろうなと思って見てたけど
毎回活躍するのがモグラみたいなキャラとマシンでいつになったら主人公が出てくるのか謎だった
やっと動いたと思ったら女の子が操縦してて負けたか壊れたかでへたり込んで牽引される姿を見て残念だった記憶
小僧だったし大昔の記憶なのでいろいろ勘違いもあるだろうし曖昧だけど主題歌は強烈に残ってる


23: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 13:31:05.37

第1クールは最高に楽しかった
あの雰囲気をだらだら見ていたかった


28: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:16:36.33

ザブングル見て自分の人生変わった。本当に感謝してるわ。


30: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:19:55.20

ザブングルの次がダンバインで前作でころせなかったストレスを次作で発散したとのもっぱらの評判w


33: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:36:07.95

>>30
御大がコナンやハイジ、いなかっぺ大将、ど根性ガエル、巨人の星、ラ・セーヌの星なんかも別名義でやってたのって知られてないよな・・・


38: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:44:08.51

>>30
死なない作品と死ぬ作品がローテしてる

ザンボット…死ぬ
ダイターン…死なない
ガンダム…まぁまぁ死ぬ
イデオン…全滅エンド
ザブングル…死なない
ダンバイン…全滅エンド
エルガイム…死なない
Z…カミーユ死ぬ予定だったがあうあう
Z Z…死なない


39: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:53:47.65

>>38
Zのカミーユは死より酷いわな。
改めて見直したとき、徐々におかしくなってたのわかる演出になってたのが恐ろしい。


45: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 15:34:16.66

>>39
「徐々におかしくなってたのわかる演出・・」??
後付設定に惑わされてはいかん。
シロッコが死に際に「私だけが死なんぞ、お前のこころを持ってくぞ」
・・・みたいなこと言うてるじゃん。

結論・・シロッコの呪いにやられた。


58: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 16:59:01.62

>>39
ZZの最終回で復活するんだから良いだろ


34: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 14:38:08.55

土曜夕方5時 ダグラム
   5時半 ダンバイン
   6時  人形劇 三国志

なんちゅうスーパータイム おつさんの回顧でした。


41: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 15:05:21.47

>>34
土曜の6時はスーパー戦隊だった
フラッシュあたりで脱落したけど


44: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 15:22:54.01

ウオーカーマシンがカッコよかったわ。特にプラモデルが。ザブングルのプラモは
酷かったが。まあハンドル、アクセル、ブレーキで動いて、ハンドルを引くと車体が
起きるってのも斬新で笑ったわw


46: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 15:36:45.98

>>44
おれはトラッドイレブンとかギャロップとかが好きだったな、その辺の重機の延長みたいで。


47: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 15:40:59.53

Vガンダムが異常過ぎたと思ってたけどイデオン見たら吹き飛んだわ


48: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 15:45:05.18

ウォーカーギャリアが人気なさ過ぎて、次の番組ではビルバインを押し付けられる羽目になったんだよな


49: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 15:46:11.59

>>48
グリーンロボはザクのイメージだしね。


51: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 15:53:30.77

声優のTARAKOも出てたな、チル役


56: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 16:55:53.70

劇場版で救われてよかったわ


61: まんがとあにめ 2021/06/13(日) 17:51:08.96

ここまで悔しいです無しとか



元スレ:“皆殺し”でなかった富野監督『ザブングル』の演出。「はっはっは、アニメだからね!」

この記事へのコメント

最近のコメント