森川ジョージ氏、『はじめの一歩』秘話明かす『あしたのジョー』へのリスペクト「実は世界観がつながっている」

1: まんがとあにめ 2021/02/12(金) 13:17:14.69 _USER9 https://sirabee.com/2021/02/12/20162509094/ 11日深夜放送『川島・山内のマンガ沼★』(日本テレビ系)にボクシング漫画の金字塔『はじめの一歩』(講談社・週刊少年マガジン)の作者・森川ジョージ先生が登場。作者だからこそ語れる秘話で麒麟・川島明らを興奮させた。 『一歩』はいじめられっ子だった幕之内一歩がボクシングに出会い、成長と挫折を経験していく姿を描いたボクシング漫画の傑作。1989年10月から31年に渡って『週刊少年マガジン』で連載中、単行本は129巻で1月時点での累計発行部数は約9,600万部という大ヒット漫画だ。 漫画好きで知られる川島とかまいたち・山内健司がマンガについて語る同番組で、森川先生は3週に亘って出演、『一歩』の秘話を赤裸々に明かしていった。 それまで、数本の連載がことごとく打ち切りになった森川先生。当初は「10週ぐらい」と期待されていなかった同作の大ヒットで漫画家として大成した。「幕之内一歩と鷹村守に感謝している」と本音を語る。 また大筋のストーリーは決めているものの、描き進めていくうちに「自分でも想像しない展開になる」と森川先生は告白。特に一歩の敗戦は「絶対に負けちゃいけないって思いながら描いていた」と笑う。 その後も、「一歩とライバルの宮田一郎はいつ戦うのか?」「現在引退中の一歩はいつ復帰するの…

続きを読む

ボクシング漫画『はじめの一歩』が迷走中!? 麻雀漫画化に困惑 「早くボクシングして」「一歩、お前プロ雀士になるんか」

1: まんがとあにめ 2021/01/25(月) 23:19:55.97 _USER9 https://myjitsu.jp/archives/256471 『週刊少年マガジン』で連載されているボクシング漫画の金字塔『はじめの一歩』が、最近になって〝迷走〟していると話題に。ボクシングで戦ってきたキャラクターたちが、何故か麻雀で戦っているという。 同作を知らない人は少ないと思うが、物語としては主人公の幕之内一歩がボクシングを通して、人としてもボクサーとしても成長していく作品。1989年から『マガジン』で連載されてきた長寿作品で、アニメもシーズン3まで放送されている。しかし、ここ最近になってお馴染みのボクサーたちが麻雀をするようなストーリー展開になり、多井隆晴や村上淳といった実在のプロ雀士もゲストとして登場。まるで、麻雀漫画かのような雰囲気になってしまった。 この事態にネット上では、 《面白いけど『はじめの一歩』としてこれでいいのか?》 《早くボクシングやって!》 《誰か止めてやれよ…》 《一歩、お前プロ雀士になるんか?》 《作者がパンチドランカー》 といった声が。いったい作者の森川ジョージにどのような心境の変化があったのだろうか…。 『はじめの一歩』が麻雀漫画になった理由は? 「以前から森川は麻雀愛好家として知られており、2019年にはプロ麻雀リーグ『Mリーグ』とコラボしたこともあります。この時は、一歩や鷹村守といった人気キャラクターたちが、大…

続きを読む

最近のコメント