借りぐらしのアリエッティ10・6%、ジブリ第3夜

1: まんがとあにめ 2020/08/31(月) 12:41:34.60 _USER9 スタジオジブリのアニメーション映画「借りぐらしのアリエッティ」(10年)が28日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(午後9時)で放送され、平均視聴率(関東地区)が10・6%だったことが31日、ビデオリサーチの調べで分かった。 これまで「借りぐらしのアリエッティ」は地上波で3回放送され、初回視聴率は16・5%、2回目は17・2%、3回目に9・1%を記録していた。 「3週連続 夏はジブリ」の第3夜。宮崎駿氏が企画・脚本。米林宏昌監督の初監督作品。原作は53年に出版された英国のファンタジー小説「床下の小人たち」。宮崎監督が40年前に読んで印象に残っていた作品で、舞台は現代の日本に移した。2人の老婦人が住む家の床下に、妖精でもなく魔法が使えるわけでもない身長10センチほどの家族が住んでいた。人間に見られてはいけないおきてがあったが、14歳のアリエッティは、病気療養で引っ越してきた12歳の少年に姿を見られてしまうというストーリー。 14日に放送された第1夜の「となりのトトロ」(88年)の平均視聴率は16・5%。21日放送の第2夜「コクリコ坂から」(11年)は11・4%だった。 ◆これまでの放送日と関東地区の平均視聴率 ・初放送(2011年12月16日)16・5% ・2回目(2014年7月18日)17・2% ・3回目(2017年7月7日)9・1% 日刊ス…

続きを読む

金曜ロードショーのジブリ祭り、ガチで強すぎるwwwwwwwwwwwwwww

1: まんがとあにめ 2020/08/25(火) 12:47:28.51 スタジオジブリの青春映画「コクリコ坂から」(11年)が21日、 日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(午後9時)で放送され、平均視聴率(関東地区)が11・4%だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。 これまで「コクリコ坂から」は地上波で2回放送され、初回視聴率は13・0%、2回目は9・6%を記録していた。 「3週連続 夏はジブリ」の第2夜。宮崎駿氏が企画・脚本を務め、宮崎吾朗監督の「ゲド戦記」に続く第2作の作語。 物語は、1963年の横浜で、港の見える丘に立つ下宿屋“コクリコ荘”を切り盛りする女子高校生。 彼女の通う高校では、歴史ある文化部部室の建物の取り壊しを巡って生徒たちによる反対運動が起こっていた。 彼女は反対メンバーの1人である男子生徒と出会い、次第に引かれ合う。 21に日放送された名作アニメ映画「となりのトトロ」(88年)の平均視聴率は16・5%だった。28日は「借りぐらしのアリエッティ」が放送される。 https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008140000144.html

続きを読む

まるで「千と千尋」の世界...! 車窓から見える瀬戸内海が美しすぎて「空飛んでるみたい」

1: まんがとあにめ 2020/08/20(木) 23:23:23.60 夏休みを四国・香川県で過ごした人から、2020年8月16日、次のような動画付きのツイートが投稿され、大きな話題となっている。  「香川県の電車が色々反則すぎる。」 この映像は、香川県を走る電車の中から撮影したものだそう。 窓の外に広がるのは瀬戸内海だろうか。真っ青な水がキラキラと輝いている。 ツイッターユーザーの前山(@xxakaxxv)さんが投稿したこのツイートには、20万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(8月17日昼現在)。 動画を見た人からは、  「アニメだ......アニメの世界だ......」  「空飛んでるみたい」  「綺麗すぎて俺やったら異世界に行くんじゃないかと思って怖くなるわ」 などの声が寄せられている。 また、車窓から海が広がる光景に、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の電車のシーンを思い浮かべた人もかなり多い。 この風景は、一体どこで見られるものなのだろう。Jタウンネット編集部は、投稿者の前山さんに詳しい話を聞いた。 ■「天空の鳥居」を訪れた後、予定がガラリと... 投稿者の前山さんが香川県を訪れたのは、このお盆期間だったという。「普段より風景を中心に写真を撮影しています。 香川県をはじめとして四国地方の美しい景観を撮影したいと思って訪問させて頂きました」と、前山さんは語る。 実は、前山さんがこの電車に乗る前に…

続きを読む

『となりのトトロ』ポスターの少女は映画には登場しない。その正体は…?

1: まんがとあにめ 2020/08/13(木) 19:08:45.48 _USER9 https://www.huffingtonpost.jp/entry/totoro_jp_5f324320c5b6960c066bd876 2020/8/13 スタジオジブリの人気アニメ『となりのトトロ』が日本テレビ系の「金曜ロードSHOW!」で8月14日午後9時からノーカットで放送される。 この『となりのトトロ』。劇場公開時のポスターやパンフレットには、ある秘密が隠されている。「稲荷前」と書かれたバス停の前の様子。葉っぱを頭に乗せたトトロの隣に、赤い傘を差した二つ結びの少女が立っている。このポスタービジュアルは、劇場パンフレットのほか、DVDのジャケットや、今回の「金曜ロードSHOW!」の番組紹介でも使われている。 この少女は、一体誰なのだろう。 スタジオジブリの広報部に取材すると「かなり前の映画ということもあって、詳しいことは諸説あってはっきりしません」としつつも、「サツキとメイの特徴を1人の女の子に集約したというのは、間違いないようです」というコメントだった。2人の少女が1人に……とは、どういうことだろう。その後、関連資料を調べていくと、興味深いことが分かった。 『となりのトトロ』の原型となったのは、1975年に宮崎監督が描いた3枚のイメージボードだった。このときすでに、バス停で父親を待つ少女と、頭の上に葉っぱを載せた謎の生き物が描かれている。このときは絵本にするつ…

続きを読む

「ジブリ4作品の再上映、異例のヒット」3作品の間違いだと話題に

1: まんがとあにめ 2020/07/29(水) 13:00:40.48 ● BE:866556825-2BP(4000) https://news.yahoo.co.jp/articles/0bfbdf28ca1ce037a94d0db4cdc1daa0c58c3642 6月26日から劇場上映されているスタジオジブリの名作アニメーションが、リバイバルとしては異例ともいえるヒットを記録している。 ハク!『千と千尋の神隠し』フォトギャラリー  再上映されているのは、『風の谷のナウシカ』(1984)、『もののけ姫』(1997)、『千と千尋の神隠し』(2001)、『ゲド戦記』(2006)の4作品。興行通信社が発表する全国映画動員ランキングでは3週にわたって『千と千尋の神隠し』『もののけ姫』『風の谷のナウシカ』がトップ3を独占した。  7月27日に発表された最新ランキングでも、3位に『もののけ姫』、4位に『千と千尋の神隠し』、5位に『風の谷のナウシカ』がランクイン。 累計では『千と千尋の神隠し』が観客動員65万3,000人、興行収入7億2,000万円。『もののけ姫』が動員63万3,000人、興収7億200万円。 『風の谷のナウシカ』が動員53万8,000人、興収6億円となり、『ゲド戦記』を加えた4作品で動員192万人、興収21億円を超える成績を残している。

続きを読む

最近のコメント