北斗の拳:NHK「セカンドの美学」でラオウの美学に迫る 井ノ原快彦も参加 我が生涯に一片の悔いなし!

1: まんがとあにめ 2019/06/22(土) 17:37:41.39  ヒーローの陰で独特の存在感を放つ脇役(セカンド)の美学に迫るNHK・BSプレミアムの番組「セカンドの美学」で、人気マンガ「北斗の拳」のラオウを取り上げる。7月27日午後10時に放送される。  名ぜりふ「我が生涯に一片の悔いなし!」で知られるラオウの美学に迫る。マンガのラオウの全登場シーン2016コマを並べ、分析。「北斗の拳」の熱狂的ファンという井ノ原快彦さんがスタッフの一員として参加する、 2019年06月22日 アニメ マンガ テレビ https://mantan-web.jp/article/20190622dog00m200000000c.html

続きを読む

【世紀末】新函館北斗市のコラボ商品「北斗の米」がシュール過ぎる。まさかの「種モミじいさん」全面起用

1: 記憶たどり。 ★ 2019/04/10(水) 11:37:10.88 ID:EZn3O7gu9 https://j-town.net/fukuoka/news/localnews/278251.html?p=all 北海道新幹線の終点・新函館北斗駅は、北海道の北斗市内に立地している。 ということで、名作マンガとダジャレのようなコラボ商品が生まれ、お土産として定着している。 コラボ相手に選ばれたのは......種モミじいさん!?(以下、画像はすべて澤田米穀店提供) 北斗市だから北斗の拳というストレートな発想。さらにケンシロウやラオウのようなメジャーなキャラクターではなく、 マニアックや脇役を起用していて面白い。しかし、なぜよりにもよってこのお爺さんなんだ...。 種もみじいさんって? 「北斗の拳」のイラストを使ったこのお米は、北斗市の澤田米穀店が製造。担当者によると、 2017年2月から新函館北斗駅構内売店で販売しているそうだ。 新幹線がこの地に開業した16年3月26日には早くも地元の有志により、ケンシロウの像が駅前に立っている。 北斗の拳を活かして北斗市をアピールすべく、このお米も澤田米穀店が北斗市で採れたもので販売を始めた。 真空パック入り長持ちするようになっている。 そして気になるキャラクターだが、「北斗産ふっくリンこ玄米」の絵柄に採用されているのは原作1巻であっさりコロされてしまう 通称「種もみじいさん」。この老人とい…

続きを読む

ラオウってぶっちゃけケンシロウに歯が立たなかったよね

1: 風吹けば名無し 2019/03/29(金) 23:23:34.22 ID:GPMfegBydNIKU 対ケンシロウ戦 1回目→ほぼ五分。白目向いて足がくがくさせながら意地で膝はつかず 2回目→完敗。恐怖で震える 3回目→ケンシロウが忖度してくれて殴らせてもらえる ケンシロウが泣きながら「次の一撃が最後になろう」といっても「?」って顔をしてしまう

続きを読む

【北斗の拳】原哲夫、トータル収入は武論尊 の2~3倍!?「パチ台」化で500億円以上のボロ儲けか

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/03/18(月) 17:58:14.12 ID:P9R5xbDL9 2019年03月18日 06時00分 https://npn.co.jp/sp/article/detail/00008759/  有名で稼いでいる漫画家と言って一般的に思い浮かぶのは、『ドラゴンボール』(集英社)の鳥山明や『ONE PIECE』(同)の尾田栄一郎だろうか。 実は、もしかすると若い人にはなじみのない漫画『北斗の拳』(同)の作画・原哲夫のトータル収入は500億円以上だという。耳を疑うような額だが、いったい、原哲夫の報酬の内訳はどのようになっているのか。  一般的な漫画家の年収は、数万円から数億円とかなり幅広い。漫画家の平均年収は300万円以下。一般のサラリーマンの年収400万円と比較すると、かなり低いことが分かる。 漫画が掲載された時に発生する原稿料や単行本が売れた時の版権使用料のみでは大した額にはならないが、作品が大ヒットし、アニメ化、グッズ化などさまざまな形に派生すれば、多大な版権料が発生し、収入は飛躍的にアップする。  ところで、キャラクターを使って物を販売した側が、原作者に版権使用料を支払う方法は主に3通りある。一つ目が、単価の3~5%で売れた個数をかけたものだけ払う方法。二つ目が、制作可能な個数を決め、最初から決まったお金を払う方法だ。三つ目が、最初に決まった額だけ支払い、それ以上売れた場合は、先に挙げた一つ目の支払い方法に切り替える…

続きを読む

最近のコメント