「また、いない、、、」 緒方恵美、「エヴァンゲリオンと日本刀展」イラストにシンジの姿なく涙

1: まんがとあにめ 2019/08/25(日) 18:32:32.16 2019年08月25日 16時20分 公開 「また、いない、、、」 緒方恵美、「エヴァンゲリオンと日本刀展」イラストにシンジの姿なく涙 何度目や。 [コンタケ,ねとらぼ]  「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公「碇シンジ」役などで知られる声優の緒方恵美さんが、Twitterで悲しい投稿をしました。8月30日から新宿高島屋で開催される「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展+EVANGELION ARTWORK SELECTION」のイラストに、主要キャラの中でシンジだけが描かれていないのを見つけてしまい「また、いない、、、(泣く顔文字)」と投稿しているのです。主人公不在……! 緒方さんが見てしまったイラスト/(C)カラー イラスト左半分。シンジくーん……  2012年に備前長船刀剣博物館で開催されたヱヴァンゲリヲンと日本刀展は、日本刀とアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のコラボレーション企画。全日本刀匠会の職人がエヴァンゲリオンの世界からインスピレーションを受け、伝統の技術を駆使してさまざまな作品を製作しました。備前長船刀剣博物館で開催した後は、巡回展として日本全国のみならず、海外でも開催されています。  今回の「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」のイラストに描かれているのは、和服に身を包み日本刀を手に持ったアスカ、レイ、マリ、カヲルの4人。女性キャラだけが描かれているならまだ分か…

続きを読む

カヲル君が…!?『シン・エヴァンゲリオン劇場版』新映像に驚きの声

1: まんがとあにめ 2019/07/24(水) 06:47:54.93 庵野秀明が総監督を務めるアニメーション映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2020年6月公開)の新しい特報映像が19日、全国の映画館とキングレコードの公式YouTubeチャンネルにて公開され「カヲル君がいる!」と大きな話題を呼んでいる。 一体何が…?『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2【動画】  2007年からスタートした『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズは、いままでに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の3作品が制作されてきた。シリーズ最新作であり完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、シンジ、レイ、アスカ、マリといった人造人間エヴァンゲリオンに搭乗する個性あふれるキャラクターたちが、生き方を模索するさまを描く。  公開された特報映像では、思い思いの表情を浮かべるシンジら、磔にされたようなエヴァンゲリオン初号機の姿などが次々と映し出される。空に浮かぶ戦艦のようなものも登場しており、物語がどのように展開していくのか期待をあおる仕上がりに。また、人気キャラクターの1人で、『Q』で死んだはずの渚カヲルが登場しており、SNS上では「カヲル君生きてた?」「新しいカヲル君なのか」「回想シーンかな」とさまざまな考察が繰り広げられている。  新しい情報や作品が発表されるたびに大きな反響を巻き起こす『ヱヴァンゲリヲン新劇場…

続きを読む

「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」冒頭映像が解禁

1: まんがとあにめ 2019/07/06(土) 23:46:18.28 https://natalie.mu/eiga/news/338717 2019年7月6日 23:19 「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の冒頭映像である「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT1(冒頭10分40秒00コマ)0706版」が本日7月6日に東京・日比谷ステップ広場を含む世界9カ所で同時公開された。なお、この記事には映像内容のネタバレを含むため注意してほしい。 以下ソースでご覧ください 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』AVANT1(冒頭10分40秒00コマ)0706版

続きを読む

カヲルとシンジの名場面「好きってことさ」、エヴァNetflix配信巡り海外ファン論争 字幕改変への怒りや悲しみを訴…

1: まんがとあにめ 2019/06/26(水) 10:24:37.95 https://www.j-cast.com/2019/06/26360947.html 2019/6/26 07:00 動画配信サイトNetflixは2019年6月21日から人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のTVシリーズと劇場版「EVANGELION: DEATH (TRUE)2」「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」の独占配信を、全世界190か国で開始した。 ところが、その英語版のTVシリーズ24話の字幕が、海外のファンの物議を醸し、論争を巻き起こしている。 TVシリーズ終盤の24話で主人公の碇シンジと、この回登場の渚カヲルが交流を深め、一緒に入浴する場面がある。日本語では「好きってことさ」とカヲルがシンジに話すのだが、従来海外のファンが観ていた、米ADV社によるソフトでの字幕は 「It means I love you」 だったものが、Netflixで新しく配信されたものは 「It means I like you」 だった。さらに24話終盤のシンジの「カヲル君が好きだって言ってくれたんだ、僕のこと」という台詞は、 「(Kaworu said I was...)worthy of his grace」 で、ADV版の「Kaworu said that he loved me」とはかなりニュアンスが異なる印象だ。続くシンジの「初めて人から好きだって…

続きを読む

エヴァンゲリオン:劇場版新作の冒頭10分40秒を7月6日に世界同時上映

1: まんがとあにめ 2019/06/24(月) 19:16:31.56  人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの劇場版新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(2020年公開)の本編映像が7月6日に全世界で上映されることが6月24日、明らかになった。本編映像は「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706」と題して、仏パリで行われる「ジャパンエキスポ」や米ロサンゼルス、中国の上海、日本国内の複数カ所で世界同時上映される。  今回の本編映像上映は「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦」と題した試み。「AVANT(=アバン)」とは、オープニングタイトル前の導入シーンのことで、2020年の公開に先立って、極めて異例となる映画本編冒頭10分40秒が先行公開される。  また、“作戦”を前に「エヴァンゲリオン」シリーズの著作権元であるカラーが制作する初の公式アプリ「EVA-EXTRA」が7月1日にリリースされることも発表された。アプリは、シリーズの最新情報が配信されるほか、動画コンテンツなどが追加される予定。  「新世紀エヴァンゲリオン」は庵野秀明さんが監督を務めた人気SFアニメ。西暦2015年の第3新東京市を舞台に、主人公・碇シンジが謎の敵“使徒”に対抗する手段を持つ人類として、人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を操縦し、綾波レイらと使徒と戦う……というストーリー。テレビアニメや劇場版アニメが制作され社会現象を巻き起こした。 2…

続きを読む

最近のコメント