ガンプラ40年史 開発者が一番苦労した作品と思い入れのあるMSは?

1: まんがとあにめ 2020/06/29(月) 14:51:10.40 https://dot.asahi.com/wa/2020062600019.html?page=1 2020.6.29 アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル、“ガンプラ”がこの世に誕生してから7月でちょうど40年。一部の熱心なファンのリクエストから1980年7月の発売、その3年後にはアニメの世界観をさらに「リアル」な方向に特化させ追求する「MSV(モビルスーツバリエーション)」のシリーズもスタートし、ブームとなった。常に進化を続けるガンプラの歴史と転換点を、当時から“当事者”であり続ける名人に語ってもらった。 ガンダム放送10周年前後が、ひとつの節目だったと振り返るのは、バンダイスピリッツホビー事業部シニアアドバイザーの川口克己さん(58)。当時、模型誌や児童コミック誌などで、プロモデラーとしてガンプラの作例を次々に披露し、時には「川口名人」と呼ばれることもあった人物だ。 「その後、ファミコンブームをはじめ、子供たちが興味をもつ選択肢も増え、最初のブームのファンたちも、プラモデルの趣味から離れていったりしました。そうしたなかで、誰もが簡単に作れて、完成までにそれほどストレスがかからないものをという発想から、初めから色分けされたパーツのシステムインジェクション(多色成形)やイロプラ、接着剤を使わなくてもいいスナップフィットなど、商品づくりの意識が変わっていきました」 新たな低年齢…

続きを読む

「へたれガンダム」に新武器 手作り「ハイパーバズーカ」?

1: まんがとあにめ 2020/06/14(日) 10:08:43.98  「へたれガンダム」の愛称で親しまれ、元々持っていた鉄製の銃を何者かに盗まれた福島市平石地区の鉄像「機動戦士ガンダム像」に十三日、新たな「武器」が寄せられているのが見つかった。九日朝には銃に代わるモデルガンも見つかっており、地元住民は「ファンの思いの表れ」と感謝している。  十三日に確認された武器は作中に登場する「ハイパーバズーカ」に色合いや形が似ている。ペットボトルなど複数の材料を組み合わせ、全体を灰色テープで覆った手作り品とみられる。住民によると、十二日まではなかったという。 ※以下略、全文はソースからご覧ください。 新たに届いた「武器」を右手に持つガンダム像=13日 https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020061476313 2020/06/14 10:00 福島民報

続きを読む

キラ・ヤマトさん、ガンダムのランキングで1位を独占

1: まんがとあにめ 2020/06/09(火) 15:35:44.59 ガンダム史上最も「顔がカッコ良い」主人公キャラランキング 1位 キラ・ヤマト 2位 刹那・F・セイエイ 3位 ヒイロ・ユイ https://ranking.goo.ne.jp/column/4877/ 友だちになりたい!ガンダム主人公ランキング 1位 キラ・ヤマト 2位 アムロ・レイ 3位 ガロード・ラン https://ranking.goo.ne.jp/column/5047/ 最強だと思う歴代ガンダムランキング(あくまで印象) 1位 ストライクフリーダムガンダム 2位 ガンダム 3位 V2ガンダム https://ranking.goo.ne.jp/column/4536/?page=all ガンダム史上一番頭が良いと思う主人公ランキング 1位 キラ・ヤマト 2位 キャスバル・レム・ダイクン(シャア・アズナブル) 3位 アムロ・レイ https://ranking.goo.ne.jp/column/5515/?page=all 見た目が最強にカッコ良い!ガンダムランキング 1位 ストライクフリーダムガンダム 2位 νガンダム 3位 Zガンダム 3位 V2ガンダム https://ranking.goo.ne.jp/column/4619/?page=all

続きを読む

「へたれガンダム」、ビームライフル盗まれる 福島市

1: まんがとあにめ 2020/06/07(日) 13:02:57.36 福島市平石地区にある「へたれガンダム」が手に装備していた「ビームライフル」が盗まれていたことが関係者への取材で分かった。 先月3日、現場を訪れた男性が異変に気付き、地元の阿部克己区長(70)が同日中に被害届を福島署に提出した。 同署は窃盗事件として捜査している。 「へたれガンダム」は、福島市のアマチュア鉄作家が2010年に制作し、同地区の道路脇に設置した体長約2メートルの鉄製のガンダム像。 丸みを帯びた顔や少しがに股の足が「絶妙なへたれ具合」と一部愛好家の間で人気を集め、地元のファンらが錆さびた像を塗装するなどしてきた。 ビームライフルも鉄製の自作だった。 阿部区長は 「設置から10年間、多くの人に愛されてきたので非常に残念だ。  作者は制作した翌年に他界しており、へたれガンダムは遺作でもある。銃を持っていった人は早急に返還してほしい」と話している。 写真:ビームライフルを持った「へたれガンダム」 以下ソース:読売新聞 2020/06/07 12:44 https://www.yomiuri.co.jp/national/20200606-OYT1T50264/

続きを読む

最近のコメント