連邦のパーフェクト・ジオングが「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のコミックス第17巻表紙に パーフェクト・ガンダ…

1: まんがとあにめ 2021/02/26(金) 22:34:28.54 _USER9 太田垣康男さんのマンガ「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のコミックス第17巻が2月26日、発売された。 南洋同盟が保有するパーフェクト・ガンダムの圧倒的性能に対抗するため、地球連邦軍が秘匿していた パーフェクト・ジオングを起動させる。パーフェクト・ジオングが表紙に描かれた。キャラクターブック付きの 限定版が同時発売された。 「機動戦士ガンダム サンダーボルト」は、「MOONLIGHT MILE」などで知られる太田垣さんのマンガで、 「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で2012年に連載をスタートした。 一年戦争のサンダーボルト宙域での地球連邦軍とジオン公国の戦い、一年戦争後のジオン残党軍、 連邦、南洋同盟の戦いなどが描かれており、アニメも人気を集めている。 https://news.yahoo.co.jp/articles/7d83148c75631da1e1eb36d9381bbcda20b9fb43 画像

続きを読む

<新機動戦記ガンダムW>“闇に舞う死神の翼” ルーセット装備のガンダムデスサイズ EW

1: まんがとあにめ 2021/02/19(金) 11:12:34.79 _USER9 MANTANWEB  アニメ「新機動戦記ガンダムW」のマンガ「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光」に登場するガンダムデスサイズ EWのプラモデルら「MG 1/100 ガンダムデスサイズ EW(ルーセット装備)」(バンダイスピリッツ)が再販される。価格は4950円。  キャッチコピーは「闇に舞う死神の翼」。「敗者たちの栄光」に登場するオリジナル武装のルーセットが付属したガンダムデスサイズ EWを「MG」シリーズで立体化した。ルーセットは、バックパックの両サイドにあるウイング装備で、展開ギミックを備える。スライドギミックと各所の可動軸によって、通常時、展開時、収納時の形態になる。巨大な鎌のビームサイズ、バスターシールドのほか、カトキハジメさんがデザインした水転写式デカールが付属する。  バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付けている。5月に発送予定。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210219-00000003-mantan-ent

続きを読む

市川紗椰「ガンダム名曲ベスト3」の選曲が“ガチすぎる”と話題に「センスいい」「通すぎる」とアニメファンも脱帽

1: まんがとあにめ 2021/02/17(水) 13:00:13.43 _USER9 https://entamega.com/57471 モデルの市川紗椰が、15日に更新されたテレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました【テレビ朝日公式】」に出演。アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの名曲ベスト3を発表し、その“ガチオタ”ぶりで反響を呼んでいる。  今回の動画は、バラエティ番組『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)の特別企画「ファンが選ぶ!機動戦士ガンダム名曲BEST20」に関連したもの。カズレーザーらと共にゲストとして登場した市川が、個人的なベスト3を選出するという内容だ。市川は、少女時代にアメリカで『新機動戦記ガンダムW』の英語吹替え版を視聴して以来のガンダムファンとして知られている。  まず3位に選んだのは、ガンダムファンにとって定番ともいえる『機動戦士Zガンダム』の後期OP曲『水の星へ愛をこめて』。同曲を歌っている森口博子がゲストとして同席していることもあり、納得のランクインとなった。  続いて、市川が2位に選んだのは『機動戦士ガンダムZZ』の後期OP曲『サイレント・ヴォイス』。一般的には、どちらかというと前期OP曲『アニメじゃない -夢を忘れた古い地球人よ-』の方の印象が強く、この時点で徐々に市川の“ガチオタ”ぶりが顔を出し始めたといえる。  そして1位に選んだのは、OVAシリーズ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST M…

続きを読む

【ガンダム】空回りばかりだった「カツ・コバヤシ」の戦死…宇宙世紀の歴史に影響を与えていた

1: まんがとあにめ 2021/02/15(月) 11:05:43.51 _USER9 マグミクス2021.02.15 https://magmix.jp/post/47039 『Zガンダム』に登場当初、活躍が期待されていたカツ。しかし、その行動は空回りするばかりで、むしろファンからブーイングされることになってしまいます。なぜ、そうなったのでしょうか?本日2月15日は、35年前の1986年に『機動戦士Zガンダム』第49話「生命散って」が放送された日です。ジェリド・メサ、レコア・ロンド、ヘンケン・ベッケナー、ダンケル・クーパー、ラムサス・ハサなど、戦死者が多いガンダムシリーズから見ても、これだけ名前のあるキャラが1話で死亡することは珍しいことでした。 なかでも『機動戦士ガンダム』からレギュラーとして登場していたカツ・コバヤシ(旧姓ハウィン)の戦死は、一年戦争時代の子供だったころの彼を知る者には衝撃的だったと思います。しかし、子供時代はおとなしく内向的だったカツが、どうしてあのように死に急いだのでしょうか。そこで、あらためてグリプス戦役時のカツについて考えてみたいと思います。 カツは一年戦争終結後、ホワイトベースでいつも面倒を見ていたフラウ・ボゥが、ハヤト・コバヤシと結婚したことを機会に、一緒に行動していたレツ・コ・ファン、キッカ・キタモトとともにふたりの養子となりました。この時、コバヤシ姓になります。ここからは想像ですが、三人組で一番おとなしかったカツでしたが、…

続きを読む

最近のコメント