【しくじり先生】カズレーザー、『ガンダム』を国民的アニメにした4つの“しくじり”を解説 27日放送

1: まんがとあにめ 2020/03/24(火) 12:06:26.95 https://www.oricon.co.jp/news/2158169/full/ テレビ朝日系反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の特別編が27日(後11:15~深0:15)に放送される。今回は、お笑いタレント・カズレーザー(メイプル超合金)が“先生”として登壇し、国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』の“しくじり”を解説する。 『機動戦士ガンダム』は、1979年に放送開始され、昨年40周年を迎えた国民的アニメ。シリーズ作品も多く制作され、プラモデルも大人気だが、実は作品が評価されたのはアニメ放送終了後のこと。放送当初は人気がふるわず、全52話を予定していたにもかかわらず、9話も短縮され、43話で打ち切りとなっていた。しかし、1年後の再放送で人気に火がつき、劇場版の制作へとつながっていった。なぜ最初の放送時に人気が出なかったのか!? カズレーザー“先生”がその理由を、「子どもたちが期待していたような爽快感あふれるロボットアニメではなく、ストーリーが“激ムズ”だったから」と指摘する。 授業では、カズレーザー“先生”が、『機動戦士ガンダム』に秘められた“4つのしくじり”を分析。それまでのアニメのヒーロー像とはまったく違う主人公アムロ・レイのしくじり言動、子どもたちを困惑させた敵役、シャア・アズナブルの意味不明なせりふなどを紹介。一方で、そんな『機動戦士ガンダム』のしくじりこそが…

続きを読む

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」メインキャスト一新の発表にハサウェイ役声優・佐々木望「えっわっ私じゃない?」

1: まんがとあにめ 2020/03/18(水) 10:15:26.60 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2003/17/news138.html 2020年03月17日 21時00分 アニメ「機動戦士ガンダム」の宇宙世紀シリーズ最新作となる映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(7月23日ロードショー)のメインキャストが一新されることが3月17日に公式サイト上などで発表。歴代の映像作品で数多くハサウェイの声を担当してきた声優の佐々木望さんはTwitterで言葉にならない思いをツイートするなど反響が広がっています。 これにいち早く反応したのが、歴代の映像作品で数多くハサウェイの声を担当してきた声優の佐々木望さん。「準備万端でっ! いたんですけど、えっわっ私じゃない?? ふえええええーーーーーごふっ」と言葉にならない思いをTwitterで伝えています。 なお、佐々木さんはその後落ち着きを取り戻し、「私たち声優は役を所有しない」としながらも、同じ役を演じる機会を得て、役と自分が一体になったような感覚を得られるのは演技者に与えられる最上の褒美だと私見を投稿。それでも最後は「とはいえ、寂しいなあというのは正直なところ」と本音ものぞかせつつ、「これからもハサウェイを見守ってください」と呼び掛けています。 関連 「閃光のハサウェイ」新キャスト発表するファンイベ配信、追加ゲストに池田秀一 https://natalie.mu…

続きを読む

最近のコメント