大泉洋、岩田剛典ら『鬼滅』敗北予期してなかった盛況打ち上げ

1: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 16:48:35.02 _USER9

12/29(火) 15:50
女性自身

大泉洋、岩田剛典ら『鬼滅』敗北予期してなかった盛況打ち上げ
Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
コロナ禍ですっかりなくなってしまったドラマや映画の打ち上げ。現在、公開中の映画『新解釈・三國志』の打ち上げを本誌は目撃していた。行われたのは“コロナ前”、2019年5月のことである。

【写真あり】19年5月、岩田剛典は打ち上げなのに映画のワンシーンのようなかっこさ!

都内の中華ダイニングで一次会が開かれ、主演の大泉洋(47)をはじめ、ムロツヨシ(44)、岩田剛典(31)、岡田健史(21)らキャストが集結。スタッフも含めると、その数120人ほどだったようだ。

本作は中国を舞台にした歴史書物「三國志」にまつわるエピソードを、福田雄一監督(52)が自由な解釈で映像化したオリジナルストーリー。よって、打ち上げ会場も中華ダイニングだったのだろう。

ちなみに大泉は以前、とあるドラマの打ち上げでの失敗談がある、とラジオ番組で語っていた。「主演の女優さん(篠原涼子)がご挨拶しているときにベロベロに酔っ払っちゃって、若手の俳優(岡田将生)にちょっかいかけてギャーギャー騒いで、すごく怒られた」。

この日はというと――。一次会が終わると歩いてカラオケもあるダイニングバーへ。二次会に参加したのは30人ほどのようだ。お開きになったのは、日付けも変わった深夜1時半ごろ。出てきた大泉は、少々足取りがフラついている。送迎車まで歩く間に何度も後ろを振り返りながら手を振り、見送るキャストやスタッフに大声でなにかを伝えていた。陽気そのものだった。

打ち上げに参加したスタッフは当日の様子を振り返る。

「豪華キャストによる作品でしたが、それだけにスケジュールがなかなか合わず、打ち上げは欠席となったキャストも多かったんです。小栗旬さんもその一人。大泉さんも“小栗さんと現場で一度も一緒になることがなかったから打ち上げでは会えると思っていたのに”と、最初のうちはとても残念がっていました。けれど、おさけが入るといつにも増して愉快になるタイプなので(笑)、福田雄一監督やムロさんはもちろん、スタッフにも分け隔てなく話しかけ、冗談を飛ばしたりと、常に会話の中心にいて楽しそうでしたね」

この打ち上げから約1年半後の12月11日、映画は公開された。

「公開翌週の興行収入ランキングでは『鬼滅の刃』に負けてしまい惜しくも2位。『鬼滅』ブームが圧倒的すぎました」(前出・映画スタッフ)

12月23日に行われたヒット御礼舞台挨拶に登壇した大泉自身も、「『鬼滅』がなかったら1位も夢でなかったのに」と笑いを交えながら語っていた。

「1位こそとれませんでしたが興行収入はいいんです。それに大泉さんのおかげで、打ち上げが楽しかった(笑)。また打ち上げができるような時世になるといいですよね」(前出・映画スタッフ)

大泉といえば今年の『NHK紅白歌合戦』の白組司会を務める。未曾有の自体に見舞われた2020年だったが、この年の瀬はお茶の間を盛り上げてくれるに違いない!

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/4bc0a4467bbf17b1c243910b8e93a7b20cf3a680


24: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 18:02:46.23

>>1
>行われたのは“コロナ前”、2019年5月のことである。


今年じゃなく、去年!?
そんな前に撮影が終わるもんなのか


25: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 18:14:51.24

>>24
映画は撮影そのものより編集とかの方が時間かかる


2: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 16:50:27.09

相対的に見なくても利益が大きければ良いのでは?


4: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 16:57:50.19

ロケから2~3ヶ月で公開する映画と
特撮合成があるわけでもなく一年以上経ってから公開する映画の違いはなんだろう

ちょくちょくあるんだよな、ロケから公開まで一年以上開く映画


6: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:04:23.24

>>4
ロケから放送まで2年かかる番組もあるぞ


31: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 18:54:31.19

>>4
マジレスすると元々映画版今日俺からの2匹目のドジョウ狙う作戦だったが、キングダムのセットを使い回すため早めに撮影が必要だったから。


43: まんがとあにめ 2020/12/30(水) 00:15:01.47

>>4
編集作業の長期化と公開時期の模索じゃないの?


10: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:13:10.57

打ち上げねえ
今なら批判の対象にしかならんな


11: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:15:33.42

>行われたのは“コロナ前”、2019年5月のことである。

以下、本文読まない奴が大量に宴会批判する


23: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:55:06.67

>>11
てかそれ目的の記事だよね


12: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:17:19.17

映画.comで星2.4じゃん。


14: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:22:46.95

>>12
こうやって、他人の評価であれこれ言う奴、近年増えすぎ……


16: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:24:26.24

>>14
じゃあプペルの評価見ろよ、って話だよな


28: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 18:52:16.55

>>12
ヤフー映画にしても評価サイトはやたら邦画低評価だよ
コメント見ても本当に見たのか疑わしい内容
逆にアメリカ映画や韓国映画はどんなにダメでも評価高め
映画評価サイト自体信用性に乏しい


29: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 18:54:16.62

>>28
ヤフーは能年玲奈の映画は高評価で実際見に行ったらかなり面白かったよ
評価操作が入る映画とそうでない映画がある


35: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 19:19:59.27

>>28
年間70本劇場で観てるけど、ジャニーズ映画以外は映画.comの星の数は妥当だと思う。


13: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:21:59.58

なんつーか。楽しい映画だったよ。こういう映画、あっていいじゃない。


15: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:23:53.94

この冬の実写邦画1位なんだから大したもんだよ


20: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:38:33.06

鬼滅が異常なだけで三国志もそれなりに入ってるだろw


21: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 17:39:56.02

興行収入20億はいくみたいだからコケてはないな
福田雄一や三谷幸喜は固定客がいるからコケはしない


37: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 20:29:34.35

2位てことは鬼滅はともかくコナンドラえもんプリキュアには勝てたのか
わりとすごいんでは


39: まんがとあにめ 2020/12/29(火) 22:21:32.55

>>37
選択肢が三国志しかないという層もいるから


45: まんがとあにめ 2020/12/30(水) 00:37:07.17

キングダムの成功例を期待して見に行くと痛い目に遭いそうだと予告編を見て思った
ギャグ映画なのかシリアスなのかがわからない予告編



元スレ:【芸能】大泉洋、岩田剛典ら『鬼滅』敗北予期してなかった盛況打ち上げ

この記事へのコメント

  • キングダム、原作も嫌いだったし、映画も見ていなかったが、TVで見たらけっこう面白かった。
    2020年12月30日 05:09

最近のコメント