少女漫画大好きなパンサー菅、『ガラスの仮面』第1巻の凄まじさ語る「1巻だけでも手に取って。一気にハマること間違いな…

1: まんがとあにめ 2021/03/30(火) 17:08:25.44 _USER9 https://futaman.futabanet.jp/articles/-/120145?page=1 私38歳男子なのですが、少女漫画が好きでこのふたまん+で少女漫画についてのコラムを書かせていただいている次第でございます。さて今回コラムを書かせていただく作品は王道中の王道、少女漫画の金字塔と言っても過言はないでしょう。 美内すずえ先生の『ガラスの仮面』でございます。1976年から連載が始まりいまだに未完! 2014年9月の時点で累計発行部数が5000万部を突破した大ベストセラーでございます。 平凡な一人の少女、北島マヤがライバルとの葛藤を通して眠れる芝居の才能を開花させ、成長していく過程を描いた作品であります。お話の流れはこんな感じなのですが、中身はもうすんごい濃さ! 登場人物も全員濃い! 起きる事件も全部濃い! すべてにおいてパンチ効きすぎてる少女漫画界のラーメン二郎なんです。 まずお話の最初は中華料理店に母親と2人で住み込みで働く、ドラマや映画が大好きな主人公マヤが演技の才能を開花させるところから始まります。 中略 このシーンのマヤをぜひ見てみてほしい、マヤの狂気の顔はとんでもないです。ねぇ、どこが平凡なん? これ1巻だよ? ずーっととんでもないことやってるよ? それでいて、読み進めていくとこんなんが薄口に感じてくるような漫画なんですよ。『ガラスの仮面…

続きを読む

明大に日本一のマンガ図書館 2館を集約 所蔵41万点

1: まんがとあにめ 2021/03/30(火) 00:58:56.03 _USER9 東京スポーツ2021年3月29日 07時01分 明大に日本一のマンガ図書館 2館を集約 所蔵41万点 https://www.tokyo-np.co.jp/article/94414 明治大には世界最大級のマンガやアニメ、ゲームの研究拠点を作る構想がある。計画したのはもう十年以上も前。しばらく大きな進展はなかったが、最近、歯車が動いた。都内二カ所に分かれていた大学運営のマンガの図書館を千代田区の駿河台キャンパスに集約。資料数は計四十一万と日本一の規模に。さっそく調べ物や、貴重な雑誌を求めて愛好家が訪れている。 週刊少年ジャンプ、サンデー、なかよし…。多くの少年少女が手にしたであろう有名雑誌が並ぶ。同キャンパスにある「米沢嘉博記念図書館」はバックナンバーなど十四万点を収める。そこに、二十七万点の資料を持つ「現代マンガ図書館」も新宿から移ってきた。蔵書の厚みはぐんと増した。 マニアの願望は、この一カ所でかなり満たされそうだ。「単行本に収容されなかった作品がないか昔の雑誌を調べに来た。マージャンを扱ったマイナーな雑誌で、国会図書館にも納本されていなかったが、ここにバックナンバーがあった」。リニューアル初日の三月十九日に訪れた都内の編集者小池顕久さん(48)は満足そうだった。 単行本ならマンガ喫茶で全巻読むこともできるが、雑誌のバックナンバーは、そうそうない。「一冊に収められ…

続きを読む

「銀牙」の漫画家・高橋よしひろさん、矢口高雄さんが務めていた秋田県横手市の美術館の名誉館長に就任

1: まんがとあにめ 2021/03/30(火) 12:04:51.67 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210330/k10012943861000.html 「釣りキチ三平」などの作品で知られ、去年11月に亡くなった漫画家、 矢口高雄さんが務めていた秋田県横手市の美術館の名誉館長に、同じ秋田県出身で 「銀牙」シリーズなどを手がけた漫画家の高橋よしひろさんが就任することになりました。 名誉館長に就任する高橋よしひろさんは東成瀬村出身の67歳。 「銀牙」シリーズなど、犬を主人公にした漫画を数多く発表してきました。 去年11月に亡くなった矢口高雄さんが務めていた、増田まんが美術館がある横手市は、 高橋さんがすべての漫画の原画を美術館に収蔵するなど原画を保存する取り組みに 賛同していることや、美術館のPRに貢献してきたことなどから、ことし1月に高橋さんに 名誉館長の就任を打診し、今月、了承を得たということです。 高橋さんは「大変名誉なことで、矢口先生の遺志を継ぎ、その重責を果たしながら、 まんが美術館の発展に寄与したい」とコメントしています。 高橋さんは4月1日に名誉館長に就任し、矢口高雄さんについては、 生前の功績をたたえ「初代名誉館長」として顕彰することにしています。

続きを読む

最近のコメント