セーラームーン人気なぜ続く?原作終了から22年もコラボ続々

1: まんがとあにめ 2019/08/31(土) 00:25:12.12 武内直子氏(52)原作の「美少女戦士セーラームーン」。 そのショーを楽しむことのできるレストラン「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」が8月15日にオープンした。 作品の舞台となっている聖地・麻布十番に開店したということもあり、大きな話題を呼んでいる。 Twitterでは足を運んだというファンから《本格的なショーだし可愛いし世代としては最高だった!!!》 《あの短い時間で、女の子の可愛さと強さを体現できるとかもう信じられない。胸がいっぱい》といった声が。 また24日にTwitterでアップされたショーのアンコール動画は、5.2万回のリツイートと13万回の“いいね”を記録。さらに注目を集めることとなった。 もともと「セーラームーン」は漫画雑誌「なかよし」の92年2月号に初めて掲載された作品。17年には連載開始から25周年を迎え、話題となった。 しかし原作自体は、97年3月をもって終了している。にもかかわらず人気は衰えることなく、 今なお多くのファンから愛されているのだ。ローラ(29)や中川翔子(34)、若槻千夏(35)といった著名人も同作のファンで、成田童夢(33)のようにファンを公言する男性も増えている。 コラボグッズも続々と製作されており、アパレルやコスメから文具までと幅広く展開。 さらに今月23日にはユニクロのUTシリーズに登場し、今秋には「Sama…

続きを読む

おじさんたちが戦慄する「『おじさん』を感じる顔文字TOP10」発表 3位は「(^_^;)」2位は「(^_-)-☆」…

1: まんがとあにめ 2019/08/29(木) 22:58:40.26 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1908/29/news132.html もしかして、実は顔文字文化自体がもう……いや、これ以上はやめよう(´・ω・`)  スマートフォン用キーボードアプリ「Simeji」を手掛けるバイドゥが、「10代女子が『おじさん』を感じる顔文字」なる恐ろしいランキングを発表。慌てて走る様子を示す「ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3」がトップに立ちました。変換時の読み「すたこら」自体が……ねえ……。  調査結果は同アプリのアンケートや利用統計から算出されたもの。2位にはウインクを表す「(^_-)-☆」、3位には冷や汗をかいた表情の「(^_^;)」がランクインしています。以前Twitterで「自分が若いと思ってる中壮年の顔文字に成り果てた」と評され話題を呼んだ「(´・ω・`)」(ショボーン)は6位。切ないなあ……  総評ページでは、「勉強がんばってネ(^_-)-☆」や「僕?独身ですよ~(^_^;)」といった使用例が掲載。こうしてみると、おじさんくさく感じさせる原因は文面にもあるように思えるので、顔文字のチョイスよりもコミュニケーションの中身が重要な気がします。

続きを読む

丸大食品が「チコちゃん」のフィッシュソーセージとウインナーを発売

1: まんがとあにめ 2019/08/29(木) 20:25:17.93 丸大食品は9月上旬以降、NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」に登場するキャラクターを起用したフィッシュソーセージとお弁当ウインナーを発売する。「チコちゃんに叱られる!」とは、5才のチコちゃんがわかったような気になっているが、ちゃんと説明できないものごとを素朴な疑問で大人を不意打ちする雑学クイズ番組。 ▽「フィッシュソーセージ(チコちゃん)」=「チコちゃん」をパッケージに起用したカルシウムたっぷりのフィッシュソーセージ。弁当にひとこと添えるほか、伝言メモなどにも使える全10種のメッセージシールカード1枚入り。内容量44g(4本入り)。 ▽「お弁当ウインナー(チコちゃん)」=ウインナーの表面に、「チコちゃんに叱られる!」に登場するキャラクター「チコちゃん」と「キョエちゃん」をプリントしたウインナー。冷めてもおいしく、弁当のおかずに最適。2種類のパッケージデザインで売場を演出する。内容量72g。 https://www.ssnp.co.jp/news/meat/2019/08/2019-0827-1104-14.html

続きを読む

最近のコメント